企業や個人の信用調査探偵所興信所の違いと特徴

探偵所、興信所ともに、第3者からの依頼によって企業の経済調査、信用調査、一般個人の人物像、身辺調査が行われます。
浮気調査、結婚調査、また信用調査ばかりではなく、ストーカー対策、盗聴、盗撮機器の発見などが上げられ、業務内容自体はどちらも似ていて、被る事も多いです。


現在はどちらも、探偵業の業務の適正化に関する法律、という規則に基づいて同じ届出が必要とされ、国の管理下にあります。

一応の区別はされているものの、厳密な線引きは無く、根本的な違いなどはありません。

金 買取の詳細についてはこちらです。

ただ、然したる違いがないと言っても調査方法にはそれぞれ特徴があります。

最新の情報でブランド 買取は人気のテーマです。

まず、興信所は調査対象であるターゲットに対し、身分と調査内容を明かします。



内観型調査法と呼ばれる調査方法で、名乗った上で直接面談をしたり、電話による聞き取りなどを行います。


短期間で終える事が多いので、探偵よりも安価に依頼する事ができます。これに対し、探偵所では主に外観型調査法が用いられます。
一般個人の信用調査で良くイメージされる尾行や張り込みなど、時間をかけて証拠集めを徹底します。

調査内容がターゲットに知らされる事は基本的に無く、何か特別な事情でも無い限り、依頼主以外には内密で行われるのが特徴です。


方法としては警察による捜査と似ています。近年では状況により、調査方法も柔軟に対応されていますが、かつて興信所は企業の経済調査や雇用調査を、探偵所は個人の身辺や行動調査をメインとし、得意分野とされていました。